空飛ぶ車・ドローンのシリーズハイブリッドエンジン開発
空飛ぶ車
ドローン
空飛ぶ車・ドローンの課題を解決
 空飛ぶ車・ドローンはバッテリーにチャージした電力のみでは、最大離陸重量が軽いのでペイロード重量も軽くなり、飛行距離も短いので実用範囲が限定されます。
 そこで、現在ではガスタービン発電を利用することにより最大離陸重量と飛行距離を増大させて、空飛ぶ車・ドローンの実用を高める方向になっています。
 しかし、ガスタービンは高価格・低効率・高振動・高騒音等の問題がありますので、円弧動エンジン(製品名はマシモエンジン)をガスタービンの代わりに活用することで低価格・高効率・低振動・低騒音・パワーウエイトレシオの向上(3倍以上)を実現させて、空飛ぶ車・ドローンに実装して実用範囲を広げて、世界を変える空の移動手段を創造します。
【プロトタイプ仕様のエンジンを開発(フェーズ1)】
◆開発期間(想定)
 1年
◆開発費(想定)
 3000万円(鋳造部品=800万円、構成部品=500万円、ECUと補器類=200万円、実験費=500万円、予備費=1000万円)
◆仕様
 ボア44ガソリンエンジンのプロトタイプ
◆目的
 燃焼実験をするためのエンジンを製作
◆研究
 研究機関との共同研究でエンジン燃焼実験を実施して燃焼に関する研究論文(研究名は円弧動エンジンの燃焼に関する研究)を発表
◆特許
 研究機関との共同特許でエンジン燃焼に関する特許を出願
◆実機公開とねらい
 エンジン実験機を研究機関と共同で公開(投資家・マスコミ関係者・エンジン研究者)して世界にアピール
◆具体的な燃焼実験の方法
 ◇シリンダー内部の空気の流れをスモークを用いた高速カメラで撮影して乱流を解析
 ◇ガソリンエンジンの圧縮比(強い乱流により13以上)をどこまで上げられるかを解析
 ◇どこまでリーンバーン化(燃効率を最大限にするため)が可能かを解析
 ◇どこまで低速回転化(燃料消費量を最小限にするため)が可能かを解析
 ◇燃効率を55%以上(総合的な実験により可能と考えている)が可能かを解析
◆資金調達
 ◇資本金を30億円(事業会社の持ち株会社とする)に増資して300億円(会社評価額3000億円想定の10%とする)を資金調達
 ◇【製品仕様のエンジン開発とスポーツカーの製品化(フェーズ2)】と高度システム開発会社に活用
◆高度システム開発会社
 資本金100億円(高度システム開発要員=1500人、次世代AI開発要員=300人、管理事務要員=200人)
◆その他事項
 実験機は研究機関(円弧動エンジンの研究支援を継続して行う)に寄贈して研究に役立てる
【製品仕様のエンジン開発とスポーツカーの製品化(フェーズ2)】
◆開発期間(想定)
 2年〜3年
◆開発費(想定)
 200億円(エンジン開発費=50億円、車体開発費=50億円、レース参戦費=100億円)
◆レース参戦のねらい
 開発ガソリンエンジン搭載マシンでスプリントレース・耐久レースに参戦して超軽量・低燃費・高性能を世界にアピールする
◆仕様
 ボア44ガソリンエンジンの製品
 ◇単体対向型完全釣合エンジン(排気量=1000cc、最大回転数=8800rpm、出力=226馬力)
 ◇基本対向型完全釣合エンジン(排気量=2000cc、最大回転数=8000rpm、出力=406馬力)
 ◇2連対向型完全釣合エンジン(排気量=4000cc、最大回転数=8000rpm、出力=812馬力)
◆目的
 ◇製品仕様のガソリンエンジン開発とガソリンエンジンライセンスを国内外自動車メーカーに供与
 ◇製品仕様ガソリンエンジンをスポーツカーに搭載して製品化
◆開発行程
 ◇エンジン部品製造、エンジン組立、エンジンベンチマークテスト、型式認証取得
 ◇車体デザイン、車体設計、車体製造、車体試験、エンジン搭載、走行試験、型式認証取得
◆特許
 エンジン部品メーカーとの共同特許で製造・組立・試験に関する特許を出願
◆対向型完全釣合ガソリンエンジン搭載スポーツカーの受注生産販売価格(想定)
 ◇1000万円(単体対向型完全釣合エンジン、排気量1000cc、226馬力)
 ◇2000万円(基本対向型完全釣合エンジン、排気量2000cc、406馬力)
 ◇4000万円(2連対向型完全釣合エンジン、排気量4000cc、812馬力)
◆スポーツカー販売のねらい
 マシモエンジンをスポーツカーに搭載して超軽量・低燃費・高性能を世界のユーザーにアピールする
◆スポーツカーの売上(想定)
 年商:3000億円、利益:300億円
◆対向型完全釣合ガソリンエンジンのライセンス供与(想定)
 年商:3000億円(自動車販売価格10兆円の3%)、利益:2700億円
◆販売
 商社にスポーツカー販売を委託(フェーズ1とフェーズ2の支援を条件に独占販売ライセンスを無償供与)
◆資金調達
 ◇資本金200億円の事業会社として株式公開(株式評価額4兆円想定)
 ◇2兆円(株式評価額4兆円想定の50%)を資金調達する
 ◇【電源用シリーズハイブリッドエンジンシステムを製品化(フェーズ3)】とディーゼルエンジン開発会社に活用
◆ディーゼルエンジン開発会社
 資本金1兆円(小型〜超大型ディーゼルエンジンとガスエンジンを開発、国内外に生産工場を建設)
【電源用シリーズハイブリッドエンジンシステムを製品化(フェーズ3)】
◆開発期間(想定)
 2年〜3年
◆開発費(想定)
 1兆円(電源用シリーズハイブリッドエンジンシステム、水素エンジン発電システム、ガスエンジン発電システム、国内外に生産工場建設)
◆仕様
 ボア44ガソリンエンジンの単体構成〜10連構成の対向型完全釣合エンジン
 ◇エンジン本体重量=12〜250kg、出力=167〜3037kw、パワーウエイトレシオ=12.1〜13.9kw/kg
 ◇パッケージによるパワーウエイトレシオ=3〜4kw/kg(発電機の軽量化が極めて重要)
◆目的
 ◇電源用シリーズハイブリッドエンジンシステムを製品化
 ◇超軽量・低燃費・高性能ハイブリットエンジンを搭載した自動車を世界に普及してカーボンニュートラルを実現する
◆開発行程
 エンジンと発電機のパッケージ化と制御システムを実装(発電機メーカーと共同開発)、型式認証取得
◆特許
 発電機メーカーとの共同特許でシリーズハイブリッドに関する特許を出願
◆シリーズハイブリッドエンジンシステムの販売価格(想定)
 100万円〜1億円
◆シリーズハイブリッドエンジンシステムの売上(想定)
 年商:10兆円、利益:1兆円
◆販売
 商社に販売委託(販売ライセンス供与)
◆用途
 空飛ぶ車、ドローン、航空機、船舶、乗用車、スポーツカー、バス、トラック、鉄道、発電
◆資金調達
 ◇資本金1兆円の事業会社として株式公開(株式評価額20兆円を想定)
 ◇10兆円(株式評価額20兆円想定の50%)を資金調達する
 ◇【空飛ぶ車・ドローンを製品化(フェーズ4)】に活用
【空飛ぶ車・ドローンを製品化(フェーズ4)】
◆開発期間(想定)
 4年〜5年
◆開発費(想定)
 10兆円
 ◇機体=5兆円(国内外に生産工場建設費を含む)、実証試験=3兆円(離発着場建設費を含む)、型式証明取得=2兆円
◆仕様
 シリーズハイブリッドシステム出力=167〜3037kw
 ◇空飛ぶ車:最大離陸重量=500〜10000kg、最大飛行高度=2000m、最大速度=350km/H、航続距離=2000km
 ◇ドローン:最大離陸重量=500〜10000kg、最大飛行高度=1000m、最大速度=200km/H、航続距離=1500km
◆空飛ぶ車の重量
 機体部重量=275〜5500kg、燃料部重量=75〜1500kg、ペイロード=150kg(乗員2人)〜3000kg(乗員40人)
◆ドローンの重量
 機体部重量=250〜5000kg、燃料部重量=50〜1000kg、ペイロード=200kg〜4000kg
◆機体設計・製造
 機体設計=航空機メーカーとの共同設計、製造=機体メーカーと素材メーカーに委託
◆モーターシステムの設計・製造
 モーターシステムメーカーに委託
◆制御システム設計・開発
 日本ソフトウェアアプローチ
◆実証試験・型式証明取得
 航空会社と航空機メーカーに委託
◆空飛ぶ車の販売価格(想定)
 2000万円(乗員2人)〜20億円(乗員40人)
◆ドローンの販売価格(想定)
 1000万円(ペイロード200kg)〜10億円(ペイロード4000kg)
◆空飛ぶ車とドローンの売上(想定)
 年商:100兆円、利益:10兆円
◆販売
 商社に販売委託(販売ライセンス供与)
◆用途
 自家用、商業用(タクシー等)、物流用、観光用、過疎地対策用、防災対策用、災害救援用、医療救援用、農業用、林業用、漁業用、建設用
◆資金調達
 ◇資本金10兆円の事業会社として株式公開(株式評価額200兆円を想定)
 ◇100兆円(株式評価額200兆円想定の50%)を資金調達する
 ◇新規事業に活用
◆新規事業
 宇宙エレベーター(50兆円)、核融合発電(50兆円)
Copyright(C) 2023 Japan Software Approach Co.,Ltd Rights Reserved.