世界の夢を叶える次世代AI技術
次世代AI(人工頭脳)について
 現在、人工知能(AI)が最先端ソフトウェア技術として脚光を浴びておりますが、様々な課題(開発期間が長い、開発費
用が高い、生産性が低い、性能が低い、AI技術者不足等)があります。
 そこで、次世代AI(人工頭脳)を提唱・提案して技術開発を進めます。
 この技術の特徴は、開発期間が短い、コストパフォーマンスが高い、生産性が高い、性能が高い、AI技術者不足解消、
利用分野の拡大、生産性の向上等があり、広い業種・分野に適用可能な技術になります。
AI(ディープラーニング)プログラムの欠点
 現在のAI(ディープラーニング)プログラムの欠点は、プログラム容量が膨大、開発費用が莫大、開発期間が長期、
平面解析なので解析範囲が狭い、精度が低い等があります。
次世代AI(リカーシヴネットワーク)プログラムの利点
  次世代AI(リカーシヴネットワーク)プログラムの利点は、プログラム容量が小さいのでタスクのマルチ化が可能、
 開発費用を抑制、開発期間が短期、立体解析なので解析範囲が広い、精度が高い等があります。
  特に、自動車、垂直離着陸飛行機(空飛ぶ車・ドローン)等の完全自動運転モビリティー化に最適な技術になります。
  また、現在のミサイル迎撃システムが100%ではないので、迎撃ミサイルシステムを100%にすることが可能と
 考えております(究極の平和利用になります)。
  なお、次世代AIプログラムは、現時点ではコンパイルエラーになりますので、新たにコンパイラーの開発が必須に
 なります。
  ★この立体解析プログラムは、リカーシヴネットワーク構造になりますので、人間の頭脳に限りなく近い構造になり
   ます。
   ゆえに、AIコンパイラーの開発が人類の夢を実現する中核になります。
  ★大規模工事積算システムの超複雑な構造解析プログラムにおいて、PL1言語で解析した実績がありますが、容量
   が大きくなり、起動タスク化にには不適合になります。
   なお、プログラム規模が280ステップ程度で、普通に開発すれば10000ステップを大幅に越えて50000
   ステップ規模になると考えられます。
   ※最近の傾向ではメモリー容量が増大しているので、プログラムメンテナンスを考慮して、プログラム容量が増大
    する傾向になっています。
開発動作環境(オペレーティングシステム)の説明
 制御系OS(TRON)とビジネス系OS(Windows)の利点を融合して進化させたOSで、マルチレイヤー(複数分野)、
マルチタスク(起動タスク)、監視タスク(ラウンドロビン)で構成されています。
 これは、次世代AIプログラムを起動タスクに用いることにより、人類の夢である人工頭脳に限りなく近づきますので、
製造業・サービス業の各種分野に適応可能と考えられます。
次世代AI(人工頭脳)の開発について
       ◆開発期間(想定)
        延べ開発期間=7年、開発期間(重複している開発フェーズ期間を除く)=5年
       ◆開発予算(想定)
        ◇年間予算=300人/月×12ヵ月×100万円/人=36億円
        ◇開発予算=36億円×7年≒250億円
       ◆開発フェーズ
        ◇基本設計――――――――― 3ヵ月(設計済)
        ◇システム設計――――――― 6ヵ月(設計済)
        ◇プログラム設計――――――18ヵ月
        ◇プログラム製造――――――24ヵ月
        ◇プログラム単体試験――――18ヵ月
        ◇プログラム連結試験―――― 9ヵ月
        ◇システム試験――――――― 6ヵ月
       ◆想定される世界規模での年間売上
        ◇製造業  =5兆円(完全自動運転システム、研究支援システム、設計支援システム等)
        ◇サービス業=5兆円(高度医療支援システム、高度教育支援システム等)
       ◆想定される経常利益
        10兆円×90%=9兆円
       ◆資金調達
        ◇資本金1000億円の事業会社として株式公開(株式評価額200兆円想定)
        ◇100兆円を調達(株式評価額200兆円想定の50%)
        ◇新規事業に活用
       ◆新規事業
        ◇製造業  :完全自動運転モビリティー(20兆円)、人工頭脳搭載ロボット(20兆円)
        ◇サービス業:高度医療センター(50兆円)、高度教育センター(10兆円)
Copyright(C) 2022 Japan Software Approach Co.,Ltd Rights Reserved.